2015年 千葉県大学野球春季リーグ戦

2015年4月25日 長生の森公園野球場 晴れ

 

東京情報大5-5中央学院大(9回引き分け)

城西国際大2-1国際武道大

 

高校野球の千葉県大会から移動してのはしご観戦。この日一番印象に残ったのは国際武道大の先発、鈴木康平(4年・投手・185cm・74kg・右投右打・千葉明徳)。高校時代から評判で、正直その時はあまり惹かれなかったが、この日のピッチングを見て才能の開花をはっきりと感じた。もっと騒がれても良いレベルの投手である。野手ではトップバッターの服部創太(2年・1番・中堅手・179cm・73kg・右投右打・東海大相模)。入学直後からレギュラーとして出場しているが、打撃技術の高さはさすが。始動は早く、早めに左足を上げるがそこからなかなか踏み出さず、ゆったりとタイミングをとれている。上半身の力みがなく、振り出しも実にスムーズ。いとも簡単にレフト前に2本弾き返した。肩の強さも申し分ないが、もう少し走塁にも意欲が出てくれば更に評価は上がるだろう。

 

他に目についた選手

城西国際大

本藤光貴(4年・4番・三塁手・186cm・82kg・右投右打・西条)

 

国際武道大

結縄敦士(3年・4番・一塁手・185cm・74kg・右投左打・拓大紅陵)

この記事をシェアする