2014年 関西地区大学野球選手権

2014年11月2日 南港中央公園野球場 くもり

 

大体大1-5京産大

佛教大1-4奈良学園大

 

関西の大学5連盟の優勝校から2枠の明治神宮大会出場を決める大会。近年は関西学生、関西六大学が苦戦していたがこの大会はその2連盟の優勝校(関西大、京産大)が出場権を得た。個々の選手に目を移すとバリバリのドラフト候補は見当たらず、少し低調な印象。ただ何人かは「おっ」と思わせる選手はいた。中でも大体大の先発、田村凌太郎(2年・185cm・78kg・右投右打・大田※島根)が将来性を最も感じた。まだまだ体は細く高校生のようだが、高い位置から腕振れておりボールの角度は素晴らしい。左肩の開きを抑える意識を感じるフォームで、指にかかった時のボールは手元での伸びも十分だ。課題はフォームの無駄な動きと変化球。踏み出す前に右肩が下がるかつぐ動きが入り、ステップの幅も狭い。カーブとツーシームらしきボールあるが、リリース定まらず上下のブレが大きい。ストライクとれる変化球がなく、際どいコースを狙ってカウントを悪くし、ストレート勝負して痛打を浴びるというパターンで失点を重ねた。素材は間違いなく素晴らしいものがあるだけに、2015年以降の飛躍に期待したい。

 

他に目についた選手

大体大

田村強(3年・4番・遊撃手・180cm・74kg・右投右打・玉野)

 

京産大

尾嶋佳太(3年・8番・投手・178cm・82kg・右投右打・飾磨)

 

佛教大

中井廉太(4年・1番・中堅手・176cm・73kg・左投左打・西城陽)

 

奈良学園大

庄司力也(3年・8番・投手・170cm・65kg・左投左打・水口)

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です