2015年 リトルシニア日本選手権

2015年8月3日 神宮球場 晴れ

新宿リトルシニア0-5大宮リトルシニア
江戸川中央リトルシニア9-2東練馬リトルシニア

中学生の選手は事前情報が少ないが、東練馬の万波中正(3年・6番・投手・身長体重不明・右投右打)はハーフの大型選手と言うことで評判を聞いていた選手。ただこの日は中一日ということもあってか、マウンドで終始だるそうにしているのが気になった。ステップはまだまだ狭く、完全な立ち投げ。クロス気味に踏み出すのでバランスも良くない。それでも上から腕が振れておりボールの角度は評判になるだけのことはある。最速135kmをマークするなど、中学生としては抜けた能力は見せてくれた。バッティングもまだまだ形は固まっていないがレフトへ強いライナーを放ちポテンシャルは感じた。横浜高校へ進学との報道が出ているが、この未完の大器をどう成長させられるか注目したい。
投手では新宿の杉本龍(3年・1番・投手・身長体重不明・右投左打)も良かった。フォームは万波よりも完成度が高く、ゆったりとしたモーションで楽に腕が振れている。肘のたたみ方も上手い。まだ余力があるように見えながらも最速は133km。進学先は不明だが、こちらも高校で注目される存在となりそうだ。

他に目についた選手
大宮リトルシニア
舘祐作(2年・1番・二塁手・身長体重不明・右投左打)
中学2年生とは思えない打席での雰囲気。ゆったりタイミングとり、リストワークの良さも目立つ。

この記事をシェアする