2015年 第97回全国高校野球選手権 愛知県大会

2015年7月11日 刈谷球場 晴れ

安城農林3-5誉

誉のエース、内田大貴(3年・9番・投手・172cm・65㎏・左投左打)がお目当ての投手。こちらも「ドラフト2015 アマチュア野球vol.39」のアマチュア野球スカウティングリポートに書いたので詳述は避けるが、評判通りの素晴らしいサウスポーだった。最速142kmのストレートと鋭く大きく変化するスライダーを腕を振って投げられるのが最大の長所。三菱自動車岡崎に進む予定とのことだが、完成度は高いだけに早くからの起用も期待できるだろう。

DSC02028
同じく誉ではリリーフで1イニングだけ投げた日比野良輝(1年・投手・170cm・68㎏・右投右打)も小柄ながら好素材だ。下半身が柔軟で、ステップの幅が広くしっかり体重移動して投げることができている。最速137kmをマークしたストレートは低めによく伸びる。内田の後を追う存在として今後注目していきたい。

他に目についた選手

垣内達貴(3年・3番・捕手・168cm・65㎏・右投右打)
少し肘下がるがイニング間のセカンド送球最速1.95秒の強肩。動きに余裕あり、コントロールも安定している。打つ方はタイミングのとり方に余裕がないのが課題

この記事をシェアする