2014年 高校野球秋季埼玉県大会

2014年9月27日 県営大宮公園野球場 晴れのちくもり

 

聖望学園1-8市立川越(7回コールド)

西武文理1-3花咲徳栄

武南0-4浦和学院

 

第一試合はまさかの展開で市立川越がコールド勝ち。その立役者となったのがエースの登坂航大(2年・3番・170cm・62kg・右投左打)。小柄だがフォームの良さとシャープな腕の振りは出色。とにかく左肩が開かず、ネット裏から見ていて体が横に広がらない。しっかり胸を張り、高い位置から腕が振れるのでボールの角度も申し分ない。スリーボールからカーブでカウントとれるのもセンスの表れだ。体のサイズ的にプロからすぐ注目されることはないと思うが、俊足で打撃も良いだけに今後を見守っていきたい選手である。

聖望学園、花咲徳栄の強豪2チームは見所なく、正直消化不良の一日だった。

 

他に目についた選手

津田翔希(2年・3番・遊撃手・173cm・69kg・右投右打)

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です