2015年 第97回全国高校野球選手権 茨城県大会

2015年7月6日 水戸市民球場 雨

水戸桜ノ牧3-6取手松陽

関東の中でも毎年選手権の開幕が早い茨城県大会。今年も同様で夏の初戦は茨城となった。お目当ては取手松陽の大型右腕、内村悠斗(3年・5番・投手・185cm・74㎏・右投右打)。印象は典型的な未完の大器。体つきやフォームのイメージは長谷川昌幸(元広島)に重なる。テイクバックで右肩が下がり、力を入れるとその動きが大きくなる。下半身の強さがまだまだでステップの幅も狭い。スピードは130km台前半が多く、物足りなさを覚えた(この日の最速は139km)。良さは左肩の開きを我慢する意識と、リリースの感覚。いかにも高めに浮きそうなフォームだがリリースでボールを抑え込み、低めにボールを集めていた。120km台後半のカットボールとフォークも悪くない。ただ今後は小手先のテクニックに頼らずに、しっかり体とフォームを作ってスケールの大きい投手を目指してもらいたい。DSC01920

他に目についた選手
取手松陽
川村文耶(3年・3番・一塁手・178cm・84㎏・右投左打)
リラックスして構えても力感は十分。緩いボール呼び込めれば面白い

この記事をシェアする