2015年 高校野球春季東北地区大会 第1日

2015年6月4日 福島県営あづま球場 くもり

 

秋田商1-2盛岡大付(延長10回)

 

時間の都合でこの日は1試合のみだったが、白熱の投手戦となった。まず素晴らしかったのが秋田商の先発、成田翔(3年・6番・168cm・68kg・左投左打)。小柄なサウスポーということで高校の先輩である石川雅規(ヤクルト)二世と紹介されているが、ピッチングスタイルは異なる。テイクバックで左手が大きく下がるのは気になるが、そこからスムーズに高く上がり、石川にはないボールの角度があるのだ。ストレートは常時130km台後半でこの日の最速は142kmをマーク。110km台前半のカーブ、チェンジアップと120km前後のスライダーも縦変化でしっかり操っており、ストレートを際立たせている。9回にも140kmをマークするなどスタミナも申し分なく、全国でも上位のサウスポーと言えるだろう。

対する盛岡大付で光ったのが2番手で登板した杉山晃基(3年・投手・178cm・74kg・右投左打)。同点の9回表一死満塁という緊迫した場面でマウンドに上がったが、四死球や暴投を怖れずに思い切り腕を振りいきなり140km台を連発。少し横にぶれるフォームだが、リリースでボールをしっかりつぶすことができており抑えが利いているのが何よりの長所。最速146kmをマークしたストレートでどんどん攻め、腕を振って投げる120km台後半のスライダーで勝負し連続三振という最高の形でピンチを乗り切った。続く10回からのタイブレークも見事に抑えるなど、メンタル的な強さは際立っている。もう少し左肩の開きをがまんできるようになれば、更に打ちづらい投手になるだろう。

 

他に目についた選手

盛岡大付

石橋泰成(2年・1番・一塁手・176cm・73㎏・右投左打)

一塁手だが俊足でツーベースの二塁到達は7.94秒。早めに始動してステップに粘りあるのが長所。

 

遠藤真(3年・4番・二塁手・178cm・80㎏・右投右打)

昨夏の甲子園2発の強打者。体つきたくましくなり、力感も申し分ないがヘッド外回りするのが難点。右へ打つ意識ほしい。

この記事をシェアする