2015年 高校野球春季九州地区大会

2015年4月18日 みどりの森公園野球場 晴れ

 

伊万里農林0-10飯塚(6回コールド)

佐賀商9-4れいめい

九州学院3-4佐世保実

 

第一試合で大勝した飯塚の戦力の充実ぶりが目についた。その中心が三村涼太(3年・3番・遊撃手・176cm・71kg・右投左打)と熊本凌(3年・4番・右翼手・177cm・75kg・右投左打)の二人。三村の長所はとにかく攻守にプレーの形が良いところ。2安打はいずれもきれいに引っ張ったもので守備も一つエラーはあったものの、柔らかいハンドリングが目立った。熊本は三村に比べると少しクセのあるスイングだがパワーは出色。打つだけでなく加速の良いランニングと地肩の強さも目立ち、外野手としての総合力が高い。

第二試合はれいめいの火ノ浦明正(3年・1番・中堅手・180cm・79kg・右投左打)が文字通り火の出るようなホームランを放ったが、それ以外の打席は短所が目立った。とにかくバットがよく動き、リストを使いすぎている印象。もう少し無駄な動きをそぎ落としてもらいたい。肘の故障があったそうでスローイングは全く投げられなかったのも気がかりだ。佐賀商の主砲、野中翔太(2年・4番・捕手・180cm・89kg・右投右打)も地元では評判の選手とのことだが、力を持て余したバッティング、不安定なスローイングともに物足りなかった。体つきは立派なだけにここからの成長に期待したい。

 

他に目についた選手

佐賀商

真谷健吾(3年・3番・遊撃手・176cm・72kg・右投左打)

 

れいめい

堂免大輔(2年・4番・三塁手・178cm・73kg・右投右打)

 

九州学院

友田晃聡(3年・3番・二塁手・176cm・73kg・右投左打)

伊勢大夢(3年・8番・投手・182cm・78kg・右投右打)

 

佐世保実

中野奨公(3年・1番・遊撃手・166cm・60kg・右投左打)

この記事をシェアする