2015年 第87回選抜高等学校野球大会 第4日

2015年3月24日 阪神甲子園球場 晴れ

英明1-4大曲工
県岐阜商4-1松商学園
近江2-0九産大九州

大会最注目選手の高橋純平(県岐阜商・3年・8番・投手・183cm・76㎏・右投右打)が期待以上のピッチングを見せた。実際にプレーを見るのは2年夏、2年秋に続いて3度目だが、その時とは別人とまでは言わないまでも明らかに違う姿になっていた。昨年までは速いボールを投げたいという意識が強かったのかフォームが横にぶれて荒れているように見えたが、この日はむしろ静かなフォームという印象。肘の位 置も高くなり、ボールの角度も明らかにアップした。最速150kmをマークしたストレートも良かったが、カーブ、スライダー、スプリットも全て質が高く、高校生のボールではない。センバツ前に見た大学日本代表候補の投手の中に入っても、明らかに上位に入ると断言できる。今後のドラフト戦線の中心になることは間違いないだろう。

他に目についた選手
英明
田中寛大(3年・9番・投手・176cm・83㎏・左投左打)

近江
小川良憲(3年・9番・投手・178cm・75㎏・右投右打)

この記事をシェアする