2014年 第45回記念明治神宮野球大会:高校の部

宇部鴻城1-9東海大四(7回コールド)
英明5-7敦賀気比
静岡4-7東海大菅生
天理1-6仙台育英
東海大四0-10浦和学院(6回コールド)
敦賀気比3-8九州学院

夏の甲子園の主力が残り、前評判の高かった静岡、敦賀気比が早々に敗退。ドラフト的な視点でも「超高校級」の冠がつくような選手は少ない大会だった。
そんな中でも目についた選手をポジションごとに並べると下記の通り。

※並びの順番は評価ではなく試合に登場した順。

 

投手
大澤志意也(東海大四・2年・175cm・68㎏・右投左打)
田中寛大(英明・2年・175cm・74㎏・左投左打)
平沼翔太(敦賀気比・2年・178cm・75㎏・右投左打)
山﨑颯一郎(敦賀気比・1年・188cm・78㎏・右投右打)
村木文哉(静岡・1年・182cm ・68㎏・右投左打)
勝俣翔貴(東海大菅生・2年・180cm・78㎏・右投左打)
佐藤世那(仙台育英・2年・180cm・76㎏・右投右打)
伊勢大夢(九州学院・2年・182cm・74㎏・右投右打)
※勝俣は野手としての評価

捕手
堀内謙伍(静岡・2年・176cm・80㎏・右投左打)

内野手
篠原涼(敦賀気比・三塁手・2年・166cm・71㎏・右投左打)
安本竜二(静岡・遊撃手・2年・178cm・80㎏・右投右打)
貞光広登(天理・遊撃手・2年・174cm・69㎏・右投左打)
坂口漠弥(天理・一塁手・2年・185cm・90㎏・右投右打)
平沢大河(仙台育英・遊撃手・2年・176cm・71㎏・右投左打)
津田翔希(浦和学院・遊撃手・2年・175cm・70㎏・右投右打)
山﨑滉太(浦和学院・遊撃手・2年・182cm・85㎏・右投右打)
友田晃聡 (九州学院・二塁手・2年・176cm・73㎏・右投左打)
松下且興(九州学院・遊撃手・1年・176cm・68㎏・右投右打)

外野手
邵広基(東海大四・左翼手・2年・178cm・80㎏・右投左打)
山本皓大(敦賀気比・中堅手・2年・178cm・70㎏・左投左打)
鈴木将平(静岡・中堅手・1年・173cm・68㎏・左投左打)
舩曳海(天理・中堅手・2年・182cm・72㎏・右投左打)
長谷川大将(九州学院・中堅手・2年・177cm・65㎏・右投左打)

投手で140kmを超えたのは佐藤(143km)と伊勢(141km)の二人だけ。もちろんスピードだけが重要ではないが、やはり寂しい印象を受けた。

野手はリードオフマンなら鈴木と舩曳、強打者タイプなら勝俣と坂口が目についた。鈴木はショート内野安打で一塁到達3.94秒、舩曳はセカンド内 野安打で3.94秒、ピッチャーゴロで3.98秒とスピードはまさに超高校級。守備と打撃も欠点少なく、高いレベルで三拍子揃っている。
勝俣は丸(広島)にイメージの重なるスイングで都大会に続いて一発を放った。何度見ても投手より打者としての印象が強い。
坂口は少し柔らかさに欠けるものの力感とインパクトの強さは抜群。プロでも右の強打者の需要が高まっていることも追い風だ。
ともに守備、走塁をどこまで磨けるかが今後の進路に大きく影響するだろう。

この記事をシェアする