2014年高校野球秋季東京都大会2

2014年10月12日 神宮第二球場 くもり

 

早実10-3日大三(7回コールド)

国学院久我山1-5東海大菅生

 

第一試合は西東京の黄金カードとも言える試合だけあって球場は超満員。しかし試合は2回までに早実が8点をあげるというまさかの一方的な展開で、そのままコールドゲームとなった。その早実打線の中心が4番の加藤雅樹(2年・捕手・183cm・81kg・右投左打)だ。大型だが力任せでなくしっかり技術で打っているというのが最大の長所。よく構えは「傘をさすように」と言われることがあるが、まさに加藤の構えはそれに当てはまるり力みがない。それでいながらバランス良く大振りにならず、センター中心に鋭く打ち返している。第一打席のセンターへのツーベースでの二塁到達は8.22秒と脚力も十分だ。気になったのが捕手としての守備。何度も捕球し損ない、スローイングも横投げでシュート回転。聞けば捕手は新チームからとのことだったが、打撃に専念するためにも元々守っていた外野の方が良さが生きるだろう。

捕手という意味では第二試合で登場した国学院久我山の了海航(2年・4番・180cm・87kg・右投右打)が楽しみな存在。夏にも見た選手だが、この日もイニング間のセカンド送球で2秒を切るタイムを連発。最速は1.89秒をマークした。打撃はぶつけるようで柔らかさがないのは課題だが、第二打席では打った瞬間分かるホームランを放ち、パワーも見せつけた。東海大菅生のエース勝俣翔貴(2年・3番・180cm・78kg・右投左打)は神宮大会でも見ているので詳細は割愛するが、この日も第一打席で見事なホームラン。2015年の東京は野手のレベルが高そうだ。

※写真は超満員の神宮第二球場

早実vs日大三

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です