2015年 第97回全国高校野球選手権

2015年の夏の甲子園、現場で見たカードと目についた選手は下記の通り。

8月6日 晴れ
鹿児島実18-4北海
中京大中京4-1岐阜城北
上田西3-0宮崎日大

8月7日 晴れ
専大松戸2-4花巻東
広島新庄4-2霞ヶ浦
九州国際大付8-2鳴門
東海大甲府8-7静岡

8月8日 晴れ
今治西0-6早実
明徳義塾3-4敦賀気比(延長10回)
大阪偕星7-3比叡山(延長10回)
白樺学園3-4下関商(延長11回)

8月9日 晴れ
津商9-4智弁和歌山
天理2-3創成館
中越3-4滝川第二
仙台育英12-1明豊

8月10日 晴れ
健大高崎10-4藤井学園寒川
岡山学芸館1-7鳥羽
龍谷1-3秋田商

■目についた選手
▼投手
山本樹(北海・3年・7番・175cm・72㎏・右投右打)
渡邉幹理(北海・3年・181cm・80㎏・右投右打)
上野翔太郎(中京大中京・3年・9番・174cm・74㎏・右投右打)
草海光貴(上田西・2年・8番・168cm・62㎏・右投右打)
原嵩(専大松戸・3年・4番・185cm・78㎏・右投右打)
高橋樹也(花巻東・3年・9番・176cm・74㎏・左投左打)
堀瑞輝(広島新庄・2年・9番・175cm・76㎏・左投左打)
綾部翔(霞ヶ浦・3年・5番・188cm・85㎏・右投右打)
菊地大輝(東海大甲府・2年・8番・180cm・83㎏・右投右打)
村木文哉(静岡・2年・8番・182cm・77㎏・右投左打)
藤原睦来(今治西・3年・4番・183cm・79㎏・右投右打)※野手で評価
平沼翔太(敦賀気比・3年・4番・178cm・75㎏・右投左打)
光田悠哉(大阪偕星・3年・8番・177cm・62㎏・左投左打)
河村説人(白樺学園・3年・8番・192cm・85㎏・右投右打)
中野祐一郎(白樺学園・3年・182cm・78㎏・右投右打)
佐藤世那(仙台育英・3年・9番・180cm・84㎏・右投右打)
川井智也(健大高崎・3年・9番・170cm・73㎏・左投左打)
成田翔(秋田商・3年・5番・168cm・68㎏・左投左打)

▼捕手
伊藤寛士(中京大中京・3年・4番・173cm・87㎏・右投右打)
福島圭斗(花巻東・2年・2番・170cm・68㎏・右投右打)
堀内謙伍(静岡・3年・4番・176cm・80㎏・右投左打)
加藤雅樹(早実・3年・4番・185cm・85㎏・右投左打)
古賀優大(明徳義塾・2年・6番・178cm・75㎏・右投右打)
田端拓海(大阪偕星・3年・4番・178cm・90㎏・右投右打)
西川尚希(比叡山・3年・3番・178cm・67㎏・右投左打)
西山純麻(智弁和歌山・3年・4番・173cm・83kg・右投右打)
大田圭輔(創成館・3年・5番・174cm・72㎏・右投右打)
郡司裕也(仙台育英・3年・4番・180cm・80㎏・右投右打)
麻生竜晟(明豊・2年・8番・168cm・65㎏・右投左打)
柘植世那(健大高崎・3年・5番・175cm・78㎏・右投右打)

▼内野手
綿屋樹(鹿児島実・2年・4番・三塁手・179cm・87㎏・右投左打)
丹野涼介(北海・3年・3番・三塁手・178cm・77㎏・右投右打)
河野誠也(上田西・3年・1番・遊撃手・171cm・67㎏・右投左打)
渡邉大樹(専大松戸・3年・1番・遊撃手・181cm・76㎏・右投右打)
吉井恒平(九州国際大付・3年・1番・遊撃手・176cm・74㎏・右投右打)
山本武白志(九州国際大付・3年・4番・三塁手・188cm・89㎏・右投右打)
松岡隼祐(東海大甲府・2年・5番・三塁手・180cm・85㎏・右投右打)
五十嵐誉(東海大甲府・3年・6番・遊撃手・174cm・74㎏・右投右打)
安本竜二(静岡・3年・5番・三塁手・176cm・80㎏・右投右打)
清宮幸太郎(早実・1年・3番・一塁手・184cm・97㎏・右投左打)
金子銀佑(早実・2年・5番・遊撃手・168cm・68㎏・右投右打)
篠原涼(敦賀気比・3年・1番・三塁手・168cm・68㎏・右投左打)
林中勇輝(敦賀気比・2年・3番・遊撃手・180cm・68㎏・右投右打)
春野航輝(智弁和歌山・3年・5番・一塁手・184cm・98kg・右投右打)
貞光広登(天理・3年・3番・遊撃手・174cm・70㎏・右投左打)
坂口漠弥(天理・3年・4番・一塁手・186cm・95㎏・右投右打)
平沢大河(仙台育英・3年・3番・遊撃手・176cm・76㎏・右投左打)
大庭樹也(明豊・2年・1番・遊撃手・180cm・78㎏・右投右打)
柴引良介(健大高崎・3年・4番・三塁手・174cm・85㎏・右投右打)

▼外野手
鎌仲純平(北海・3年・4番・左翼手・176cm・81㎏・右投左打)
河田航平(中京大中京・2年・1番・左翼手・178cm・75㎏・右投右打)
角山楓(東海大甲府・3年・3番・左翼手・176cm・80㎏・右投左打)
平井練(東海大甲府・3年・4番・右翼手・174cm・80㎏・右投左打)
鈴木将平(静岡・2年・1番・中堅手・173cm・73㎏・左投左打)
内山竣(静岡・3年・3番・右翼手・175cm・72㎏・左投左打)
山本皓大(敦賀気比・3年・5番・中堅手・178cm・70㎏・左投左打)
松本哲幣(敦賀気比・3年・6番・右翼手・178cm・75㎏・右投右打)
姫野優也(大阪偕星・3年・1番・中堅手・184cm・79㎏・右投右打)
池田裕介(白樺学園・3年・3番・中堅手・183cm・77㎏・右投左打)
山本龍河(智弁和歌山・3年・3番・右翼手・184cm・87kg・右投左打)
舩曳海(天理・3年・1番・中堅手・182cm・76㎏・右投左打)
根来祥汰(滝川第二・3年・1番・中堅手・174cm・68㎏・右投左打)

甲子園については報道も多いためまとめて紹介した。
まず投手で一番印象に残ったのは上野翔太郎(中京大中京・3年・9番・174cm・74㎏・右投右打)。2年春の東海大会でも見ているが、その時とはフォームの安定感が別人。下半身主導でしっかりリードし、体の割れ、肘の立ち、左肩の開きの遅さなど長所がどんどん出てくる。見た試合での最速は142kmと驚くようなスピードはないが、手元での伸びが素晴らしくコーナーを突く制球力も見事。大会後に行われた18UW杯でもエース級の活躍を見せたが、甲子園での投球を見れば全く不思議ではなかった。昨年二部に降格した駒沢大に進学となったが、春からエース級の活躍が期待できるだろう。
野手では初めて見た選手と言うこともあって池田裕介(白樺学園・3年・3番・中堅手・183cm・77㎏・右投左打)のインパクトが強かった。少し前がかりになるのは気になるが、トップの形の安定感があり、内からきれいに出るスイングの軌道も出色。左投手を全く苦にせずに対応しており、技術の高さは高校生トップレベル。セカンドゴロでの一塁駆け抜けでも3.91秒をマークするなど足も一級品。進学先はここ数年プロを多く輩出している富士大学。こちらも即戦力として期待できるだろう。

この記事をシェアする